松居一代資産

 

ドラマやバラエティー番組などマルチに活動をし、最近では俳優の船越英一郎さんとの泥沼離婚劇を演じたことで有名な松居一代さん。

そんな松居一代さんの資産が100億円にも及ぶという噂があります。

実際はどれくらいの資産があって、どの様にして稼いでいるのかに迫ってみましょう。

スポンサードリンク

松居一代・自身の還暦祝いにベントレー購入

 

松居一代資産1

 

松居一代さんは2017年の船越英一郎さんとの離婚騒ぎの真っ只中に自身の還暦の祝いにと真っ赤なベントレーを購入し、納車しました。

このベントレーは松居一代さんのオーダーメイドで、カラーはパールレッドで車内は赤と黒の特別仕様で世界に1台しか無いそうです。

 

2017年8月22日に放送されたTBS系「ビビット」ではこの車の値段について4000万から5000万と伝えています。

 

番組では松居一代さんにどの様にして支払いをしたのかを聞いたところ

 

「キャッシュです。この家もこの車も自転車も全部キャッシュです」

 

とさらりと答えました。

因みにキャッシュで購入したとされている自宅は、世田谷区に建つ2階建てで、地下もあるおよそ3億円もする超高級住宅だそうです。

 

松居一代資産2

 

松居一代さんはベントレーの前にはフィアットやポルシェなどの高級車にも乗っていました。

 

4000万もする車や3億もする家をキャッシュで購入するなんてさすが芸能人!と思いますが、松居一代さんの女優業やタレント業の仕事だけではここまでの資産を作れるなんて思えませんよね。

 

ですが聞けば聞くほど暮らしぶりが羨ましい限りですね。

大金持ちとは松居一代さんの様な人のことを言うのかもしれません。

高級車や家をキャッシュで買ってみたいものです。

 

スポンサードリンク

松居一代の資産は100億円!?

 

松居一代さんは以前に週刊文春で資産が10億円という報道をされた事に対して

 

「大間違い。ケタが違う!」

 

と反論しました。つまり最低でも100億は下らないという認識になりますね。

ではなぜそこまでの資産を作れるのでしょうか。

松居一代さんの関係者に聞くと、彼女はお金にならない仕事はしないと言われるぐらいお金に対して執着している様です。

 

松居一代さんは掃除の時に役立つ「松居棒」を考案し、タレントとしても再注目されるようになりました。そんなタレントとしての仕事以外に投資家としての一面もあったのです。

リオオリンピックやアベノミクス、トランプ大統領誕生などを的中し膨大な額のお金を稼いだとされています。

 

松居一代さんは以前にTV番組で投資家としての儲け方について、「何個も先のオリンピックの開催場所まで予測できなきゃダメ」と話していました。

どこで開催されるかを予測できれば、そこの建設会社などの株を購入し儲けることができるという事ですね。

 

聞けば簡単な様に感じますが、実際は そこまでの予測をするというのはかなり難しい事ですよね。

松居一代さんにはその才能があったんですね。

現に先々を見て行動をし、仮想通貨などにも手を出して結果を出しています。

 

ここまで稼いでいれば、女優業やタレント業は片手間でもいいのかもしてませんね。

最近では中々TVにも出なくなったのはそのせいもあるかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

松居一代さんは投資家として大成功をしています。

お金に貪欲で常にアンテナを張っているからこそ、新しい情報をいち早くゲットでき、投資に役立つのかもしれませんね。

 

ですが、そんなに先々を見れるのであれば、船越英一郎さんとの事にもアンテナを張っていれば良かったのではないかと他人事ながら気になってしまいますね。

自分がどの様な行動をすれば相手がどの様に思うのかまで考えられれば離婚とまではならなかったかもしれません。

 

現在は沢山の資産がありながら、息子は独立している為に、一人ぼっちで寂しく生活している様ですね。

そんな松居一代さんを羨ましいと思いますか?

お金持ちじゃなくても家族に囲まれて暮らす生活の方が幸せだと感じるのは私だけではない様な気がしまう。

 

松居一代さんが今後どの様な暮らしをするのかも注目していきたいと思います。

 

関連記事

松居一代の現在は?旦那・船越英一郎の不倫!泥沼の離婚劇とは!?

松居一代の奇怪な行動は病気!?精神分裂病?統合失調症?!

【期間限定!!】無料で映画を見る方法!!アニメやライブからアダルトも!!
スポンサードリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます。 この記事はどうでしたか?少しでも面白いと思っていただけたらシェアして頂けると嬉しいです。 今後の励みになりますのでよろしくお願いします。

Pocket