藤原紀香

 

2016年3月30日に婚姻届を提出し、晴れて夫婦となった歌舞伎役者の片岡愛之助さんと女優の藤原紀香夫妻。

片岡愛之助さんは以前より様々な女性と噂になるプレイボーイで、対する藤原紀香さんは女優としての美貌を持つものの、芸人の陣内孝則さんと離婚したりアンチファンが多いことで知られています。

そんな2人ですが、結婚するまでには様々な藤原紀香さんの策略があったり、結婚してからも梨園では嫌われる存在となってしまった理由について迫っていきましょう。

スポンサードリンク

プレイボーイ片岡愛之助との結婚は仕組まれていた!?

 

片岡愛之助さんは元々梨園の出身ではなく、養子として「愛之助」の名を継ぎました。

それ故に役者として様々な苦労はあったものの、持ち前のセンスと努力で今の地位を確保しました。

 

ですが、元々容姿端麗だった為に女性との噂は尽きませんでした。

そんなプレイボーイの片岡愛之助さんと結婚をする事が出来た藤原紀香さんですが、実は様々な策略の元手に入れた結婚だったともっぱらの噂になっています。

 

片岡愛之助さんと言うとタレントの熊切あさ美さんとの交際が報道されていた事で知られていると思います。

 

熊切あさ美

 

どうやら熊切あさ美さんと交際中に藤原紀香さんと二股をし、そのまま藤原紀香さんに押し切られた形で熊切あさ美さんと破局し結婚という流れになった様です。

 

片岡愛之助さんはあくまでも二股は否定をしていますが、ちょっと火遊び程度で藤原紀香さんと関係を持っていたのですが、陣内孝則さんと離婚をし、結婚適齢期を大幅に超えた藤原紀香さんはもう片岡愛之助さんを逃がすわけに行かず、図々しいまでのアピールをしたと言われています。

 

結婚をするかどうかも藤原紀香さんが勝手に動き出して、片岡愛之助さんは報道を見て、「あれ?俺結婚するの?」と本人がビックリしたという話もあります。

そんな図々しさが藤原紀香さんのアンチファンを増やす要因なのかもしれませんね。

 

スポンサードリンク

梨園で嫌われる片岡愛之助・藤原紀香夫妻!

 

片岡愛之助 藤原紀香

 

片岡愛之助さんはそもそも養子と言う事から梨園の中でもよく思ってない人は多数存在しました。

それに加えてドラマ「半沢直樹」など、舞台よりもTVへの出演が多発している事も嫌われる理由となったようですが、それ以上にネックになっているのが妻の藤原紀香さんの存在のようです。

 

藤原紀香さんは梨園の妻と言うことで本来なら今は仕来りなど沢山の事を覚えなくてはならない大切な時期なのにも関わらずTVなど自分のスケジュールを優先していることが古くからいる方々に良く思われていません。

 

また、片岡愛之助さんの座頭公演千秋楽の見送りの場にも藤原紀香さんの姿が無かったり、藤原紀香さんの旧知の仲のデザイナーのデビュー25周年を祝うパーティーにもスタンド花を贈った上に妻業を切り上げて駆け付けたそうです。

周りからはスタンド花を贈ったのであれば姿を出さずに妻業に専念するのが筋…と厳しい意見も出ていたようですね。

 

他にも歌舞伎ファンが多い主婦層からの不支持も多く、理由は片岡愛之助さんとの結婚式にあったそうです。

いくら歌舞伎役者の妻になるからと言って、藤原紀香さんは2度目の結婚式。それなのに乙女アピールが酷すぎると呆れられているそうです。

 

スポンサードリンク

片岡愛之助は歌舞伎界で生き残れるのか!?

 

片岡愛之助さんが歌舞伎界で生き残れるのかどうかは本人の気持ちや頑張りも大いに関係してるものの、特に重要になってくるのは妻の藤原紀香さんの存在ですね。

 

本人は女優業で今までのし上がってきたかもしれませんが、歌舞伎役者と結婚したということをもっと理解しなければなりません。

 

梨園を無視して一匹狼でやっていけるほど歌舞伎界も簡単なものではないですし、もっと妻としてサポートして行かなければ片岡愛之助さんが歌舞伎界から排除されてしまう恐れも出てきてしまいます。

 

歌舞伎役者と結婚した方々は皆旦那さんの一歩も二歩も後ろを歩き、旦那さんをサポートしているのに、藤原紀香さんはまだ自分が目立とうとしているのが見ていて痛いですよね。

片岡愛之助さんを生かすも殺すも藤原紀香さんの頑張りだということに早く気づいて欲しいものです。

 

関連記事

片岡愛之助の彼女だった崖っぷちアイドル熊切あさ美の崖っぷち人生とは!?

ニッチェ・江上敬子が結婚!!旦那は誰!?体重がヤバすぎて妊活はできるの!?


スポンサードリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます。 この記事はどうでしたか?少しでも面白いと思っていただけたらシェアして頂けると嬉しいです。 今後の励みになりますのでよろしくお願いします。

 

Pocket