野村佑香

 

元祖チャイドルとして3歳で子役デビューをし1990年代のチャイドルブームのパイオニアとして活躍した野村佑香さんが二人目の子供を出産したと報告がありました。

そんな野村佑香さんですが、出産後に自身の胎盤を食す恒例の儀式があるとか…。

 

そんな野村佑香さんについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

野村佑香・二人目の子供を出産!!

 

野村佑香 子供

 

元祖チャイドルとして名高い野村佑香さんが2月7日に自身のブログを更新し、2月5日に第2子となる女児を出産したと発表をしました。

 

「ご報告」という題名で始まったブログには2744グラムの元気な女の子が産まれてきた事や、第1子である長女の出産の際には24時間もかかる難産だったにも関わらず、第2子は通院してから2時間で産まれてきてくれたという、喜びの報告がされていました。

 

野村佑香さんは2011年に1歳年上の一般男性と結婚をし、2016年9月に長女となる第1子を出産しています。

 

2人目の子供の出産ということで、子宝に恵まれきっと幸せ間違いなしですね。

 

スポンサードリンク

野村佑香・自身の胎盤を食べる!?

 

野村佑香さんは出産報告と共にある不思議な行動も一緒に報告しているのです。

それが自身の胎盤を食べる…ということなのです。

「え!?胎盤を食べる?」とイマイチ理解に苦しみますよね。

 

実は胎盤を食すというのは非常識な出来事ではないんですね。

 

胎盤というのは哺乳類が持つ、退治を育てる臓器の事で、妊娠することで作られ、笑顔で栄養や酵素など成長に必要なものをお母さんの体から送る為に必要なものなのです。

 

そして産後は不必要になるものなので、体内から取り出し、医療廃棄物として処理されるのが一般の流れです。

 

元々豚や馬の胎盤は「プラセンタ」としてサプリメントなどで使用されており、人間の胎盤もヒト由来プラセンタ注射として使われることもあるそうなのです。

つまり、体に良いものなので食して体内に戻してしまおう…というのが、野村佑香さんがブログでもコメントした、胎盤を食すという行為なんですね。

 

野村佑香さんは長女を出産した際にも食べており、今回は2度目だったそうで、胎盤を食べる事に抵抗は無かったようです。

 

一方一緒に食べたという旦那さんはおっかなびっくり食していたそうですね。

 

そして、なんと驚くのが長女も一緒に食べたそうなのです。そしてよほど口に合ったのか、おかわりをねだるほどだったというのだから驚きですね。

 

この胎盤を食べるという行為は実は芸能人では他にもマキシマムザホルモンのナヲさんや女優の雛形あきこさんもしているそうで、食べたおかげで肌ツヤが良くなったとコメントしています。

 

知らない人からすると本当に衝撃的な事実ですよね。

ですが、赤ちゃんを育てる為に栄養を送っていた臓器という事は栄養の塊なのですから、食べることで栄養を沢山チャージ出来る…という事は確かに理にかなっていますね。

ですが…私は怖くて食べれませんね。

 

スポンサードリンク

野村佑香の現在はDIYに夢中!?

 

野村佑香さんは現在DIYに夢中らしく、2012年に東京都杉並区にある築11年の家に引越し、その家を自分好みの家にリノベーションしたそうです。

 

野村佑香 DIY

 

野村佑香 DIY2

 

野村佑香さんのDIYテクニックはプロ級で、元々のセンスも合わさって素晴らしいオシャレな家になっているそうなんですね。

 

DIYは想像力と創造力の融合だと思うので、野村佑香さんにはその才能があったということでしょうか。

 

スポンサードリンク

まとめ

 

野村佑香さんはチャイドルブームの火付け役として1990年代を全力疾走してきました。結婚してからはTVへの露出も減りましたが、幸せそうな暮らしをしている事が知れましたね。

 

胎盤を食べるという衝撃の事実もありましたが、女性としていつまでも若々しくいたいという思いからの事なんでしょう。

 

プロ級のDIYのテクニックを持ってるのですから、いつかはタレントのヒロミさんとDIY対決…なんてのも見てみたいものですね。

 

第2子を出産し、幸せの絶頂の野村佑香さん。

今後の活躍にも要チェックです。

 

関連記事

矢田亜希子が結婚!旦那・押尾学はナルシストの超自己中だった!

 


スポンサードリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます。 この記事はどうでしたか?少しでも面白いと思っていただけたらシェアして頂けると嬉しいです。 今後の励みになりますのでよろしくお願いします。

Pocket