大原櫻子さんの歌が凄いですよね!その歌唱力でライブも超満員!!

 

でも高校を退学になってしまったとか!?ライブが原因とのうわさが!!

 

芸能界デビューが父の権力のおかげとのウワサも!!詳しくまとめました!!

 

大原櫻子が歌の上手い理由とは?

 

 

大原櫻子さんは幼いころに映画「アニー」を観てから

 

「いつかは女優になってブロードウェイを目指したい」

 

と思っていたらしく、幼少期~デビュー前にかけてクラシック音楽を習ったり、高校1年生の文化祭の後からボイストレーニングを始めたりしたそうです。

 

初めて買ったCDもアニーの「Tomorrow」だったそうですよ。

 

スポンサードリンク

大原櫻子が高校退学処分!?

 

そんな大原櫻子さん。高校時代に一度退学しています。

 

デビュー当時、大原櫻子さんは桐朋女子高校という有名なお嬢様学校に在籍していたそうです。

 

まあ、学校の校則もそれ相応に厳しく、オシャレや携帯電話、芸能活動を禁止されていたそうです。

 

案の定、デビュー作「彼女は嘘を愛しすぎている」で学校側にバレたらしく、退学処分となったそうです。

 

自分の夢と学校の校則を天秤にかけたらそりゃ自分の夢を取りたくなりますよね。だれしもができないその選択をとったからこそ今の自分を実現させられているのですから納得です。

 

幸いにも退学後、和光学園に3年生として入り、留年せずに卒業できたそうですよ!

 

 

スポンサードリンク

大原櫻子が親のコネを使いデビュー!?

 

ここで前の記事から少し抜粋してみましょう。

 

父親はなんと!!

 

ザ!世界仰天ニュース

行列のできる法律相談所

ネプ&イモトの世界番付

 

 

などのナレーターとして活躍する、林田尚親さんだそうです!!

テレビでなじみの声のあの人だったのか…。

 

このお話は結構有名らしく、行列のできる法律相談所など、番組でも大原櫻子さん本人がよくご紹介されています。

 

大原櫻子が双子の妹のウワサ!!美人の姉!綺麗なお姉さんは好きですか?

↑大原櫻子さんの家族関係の記事より抜粋

 

つまるところ、やっぱり父親のコネが大きいってことじゃないの…?

 

だって普通の人の発表会にはテレビ関係者って来ませんもの。大前提としてそこから大原櫻子さんには女優になるための必然的なチャンスがあったってことです。

 

アレですよ。テレビに出ている人の子供は2世としてテレビ業界に抜擢されやすいですし、さらに言うと政治家とかに親子が多いのとかもこれに当てはまりますよね。

 

大原櫻子さんの実のお姉さんのことも考えてみるとショートムービーも今は知名度も実力も不明瞭な大原櫻子さんの姉が抜擢されるのも私たちからみればいささかおかしな話じゃないのかな…?と勘繰ったりしちゃいませんか?

 

まあ、今回はたまたま大原さんについて主に焦点が当たっていたけど、オーディションとか選挙とかいう実力主義と表面上は見せているけど、

 

根本的にこの国のコネを使ったシステムをどうにかした方がいいのかも。

 

「コネで勝ち上がった人はこんな風にあざ笑ってない」

「コネで勝ち上がった人もそれ相応に努力している!」

「コネも実力のうちだ!」

 

もちろんそれも事実だしむしろ”今は”普通のことだと思います。

 

それでもある意味、私たちふつうの人からの視点だとコネで勝ち上がったと見られる事実は事実だしそうやって成り上がっている人を見るとめちゃくちゃ悔しいですね。

 

ですが逆に言うと、コネで成り上がった人はやり方もわからずにがむしゃらに血の滲むような努力したことがないのかもしれないのです。なろう!やりたいと思ったら自分で考えずに先にやり方、なり方を知っている人に聞けばいいのでしょうから。

 

父と苗字が違う大原櫻子

 

ここで気になるのが大原櫻子さんと、父親である林田尚親さんの苗字の違いです。

もしかして、離婚してるの!?と思われる方も多くいるとおもいますが、実は大原櫻子さんは芸名だったんです。

 

本名は「林田さくらこ」と言うようです。

名前だけ残して、芸名に使っているみたいですね。

 

もしかしたら、偉大な父をもつ大原櫻子さんは、名前で周りから親子と悟られるのを恐れて苗字は変えてデビューしたのかもしれません。

と言っても、大原櫻子さんと林田尚親さんが親子と言うことは大原櫻子さん自身がどんどん公言してるので、隠してるわけではないかもしれませんね。

 

実際なぜ苗字を変えたのかはベールに包まれたままです。

もしかしたら、特に深い意味合いはなかったりするかもしれません。

 

因みに日本だけでなく世界を見ても大原櫻子さんと林田尚親さんのように、父親がナレーターで、子供も有名人という組み合わせは少なく日本で言うと、ナレーターだけでなく俳優としても有名な蟹江敬三さんと息子の蟹江一平さん。

 

海外でいうと、世界的な大スターのモーガン・フリーマンさんを父に持つ、アルフォンソ・フリーマンさんなどがいますが、いずれもお父さんを超える有名人…というにはまだ早いようですね。

 

大原櫻子さんはお父さんを超えられるのでしょうか。

 

因みに余談になってしまいますが、俳優のお父さんに憧れて女優を目指したり、歌手のお父さんに憧れて歌手になる…という流れは良く見ますが、ナレーターのお父さんを見て何故女優やアーティストを目指したのか少し気になりますよね。

 

きっかけは中学2年の時のダンスの発表会にたまたまテレビ関係者がいてスカウトされたようですが、その頃にはもう既に女優志望だったようです。

 

お父さんがナレーターなどをしていると、自然とその番組を見るようになりますよね。

ですが、ナレーターをしている声は多少作っているにしてもいつものお父さんの声。

 

つまり、ナレーターのお父さんの仕事よりもそれに出演している俳優さんや女優さんの方に注目する。

そして、自然と綺麗な女優さんに憧れを持つようになる…といった流れだったのでは無いかと勝手に想像してしまいました。

 

結果はともあれ、芸能関係の父を持つと、職種は別としても、自然と芸能の道に行く…という流れはやはりどこの家庭にもあるようですね。

 

是非、お父さんの名前に負けないような活躍を期待するばかりです。

大原櫻子のライブは人気絶頂!

 

大原櫻子さんのライブがファンの間でとても人気が出ているってしってましたか?

初めて行ったらハマった!というファンの方が多くいるようです。

 

では、どんな所に魅力があるのでしょうか。

まずはどんなライブ模様なのか見てみましょう。

 

どうでしょうか?

まず私が観た時の率直な感想は、とても楽しそうだなといった印象でした。

大原櫻子さんは可愛らしい容姿とは別で、会場を盛り上げるようなパワフルな楽曲もこなします。

 

また、スイッチが切り替わったかのようにしんみりとした大人の楽曲やバラードなども歌います。

 

そして、気さくな性格からか、途中に入るMCも「面白い」と人気の様です。

 

大原櫻子さんといえば、やはり女優としてのデビュー作の映画「カノジョは嘘を愛しすぎてる」のヒロイン姿が印象的な様で、素朴な純情キャラが染み付いてるみたいですね。

 

その固定されたイメージを持ってライブに向かうと皆さん良い意味で裏切られるようで、一気に大原櫻子さんの虜になる人が続出するようです。

 

歌唱力もとてもあり、可愛らしい容姿からは想像出来ないような声量を持っているのも魅力のひとつです。

もしかしたら、お父さんの林田尚親さんから、発声練習を習っていたりするかもしれませんね。

 

そんな大原櫻子さんの人気のライブはまず百聞は一見にしかずという事で、是非見に行ってみてはいかがでしょうか。

 

女優業とアーティストの2つの顔とギャップはとても魅力的です。

スポンサードリンク

まとめ

 

大原櫻子さんも、逆の視点から見るとデビュー作のオーディションの時点でコネもなく血の滲む努力をしてきた多くの一般人を”かませ犬”として這い上がってきたのだからこれからも自分の今の状況に慢心せずに頑張ってほしいですね。

 

いつになっても出てくる芸能界の不祥事を起こす方みたいに自己中な人にはなって欲しくないなぁ…。

 

今回のことで分かったことですが、それでもデビュー前は周りに流されず、自分を信じて夢に向かって葛藤しながらもひた走る大原櫻子さんの姿は素敵だと思いますので!

 

私も今の境遇に抗わないと…!!やる気湧いてきた!!

大原櫻子 -SAKURAKO OHARA- 公式サイト

関連記事

大原櫻子が双子の妹のウワサ!!美人の姉!綺麗なお姉さんは好きですか?

大原櫻子の熱愛!!彼氏を忘れられない性格!


スポンサードリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます。 この記事はどうでしたか?少しでも面白いと思っていただけたらシェアして頂けると嬉しいです。 今後の励みになりますのでよろしくお願いします。

Pocket