柴咲コウの性格が優しい!お母さんの為に高校中退して芸能界入り!!歌詞も作詞もする歌手としての才能の凄い!

柴咲コウさんってインテリっぽく見えますよね?実は高校中退しているのです。しかもその理由がお母さんの為という感動的な理由なのです。

 

歌手としても活躍していますが歌詞も自ら作詞しているってご存知でした?そんな柴咲コウさんにスポットを当ててみます。

スポンサードリンク

柴咲コウの芸能界デビューと高校中退の理由

柴咲コウさんは14歳の時に池袋で友達と遊んでいる時にスカウトされました。

 

しかしスカウトされた時は高校受験とお父さんの大反対があり芸能界には入りませんでした。

 

しかし、柴咲コウさんが16歳の時に突如、芸能界入りします。何があったのでしょうか?普通に考えると受験も終わり、お父さんを説得できたと思うのですが・・・・

柴咲コウのお母さんのガンが発覚!!

16歳の時にお母さんの病気が発覚します。病名は癌です。治療には保険適用でも年間に100万円かかるのも珍しくはありません。

 

柴咲コウさんはお母さんのガン治療の為に高校を中退してお金を稼ぐ事にしたのです。

 

デビュー当時は当然ギャラも少なく月に6~7万円ほど。その給料の全てをお母さんの治療費にあてたそうです。

当時の事を振り返り柴咲コウさんは

 

「デビュー当時、役者の仕事はお金を稼ぐ手段だと思ってた」

 

と語っています。

 

そのお母さんは柴咲コウさんが映画「バトル・ロワイヤル」の撮影期間中に亡くなったそうです。柴咲コウさんはスタッフや共演者の方に迷惑をかけてく無かったのでしょう。

 

「母親の件があったから、気持ちを切り替えて集中した」

 

とインタビューに応じています。

スポンサードリンク

柴咲コウの性格

そんな家族思いの柴咲コウさんの性格はそうなのでしょうか?

 

柴咲コウさんはどうやら人見知りする性格なのです。その柴咲コウさんの交友関係と言うと・・・

 

『バトル・ロワイアル』で共演した永田杏奈、関口まいとは今でも親交がある。永田は16歳からの付き合いで親友。関口とは家族ぐるみの付き合いである。

『オレンジデイズ』で共演した「オレンジの会」の4人と今でも仲が良い。特に白石美帆とは、「乙女会」なるものを作っており、また、柴咲がライブを行った際は必ず駆け付けている。

映画監督の行定勲とは『GO』からの付き合いで、初ライブの「invitation LIVE(2007年)」にも駆け付けた。また、iTunesで配信された電子書籍「Lyrical*World」には柴咲について語っているインタビューが掲載されている。

事務所の先輩でもある竹内結子とは、2人で食事に行く仲である。また、19thシングルの「EUPHORIA 」のPVには竹内が友情出演している。LIVEにも駆けつけている。

『ガリレオ』で共演した広末涼子、『ガリレオ』や『容疑者Xの献身』等で共演した福山雅治、北村一輝、堤真一とも親交がある。

榮倉奈々や長澤まさみ、鈴木砂羽、佐藤隆太、天海祐希など、『わが家の歴史』の共演者とは放送終了した今でも本当の家族のように仲が良く、交友は続いている。

東京スカパラダイスオーケストラの谷中敦とはメル友で、メールで詩の送りあいをしている。谷中と2人で飲んだ時、柴咲は酔っ払った谷中を店に残して一人で帰ったという。

高橋幸宏は行きつけのお店が同じだったことがきっかけ。十数年の付き合いにある。

奥田民生とは、斉藤和義の子どもの誕生会がきっかけで知り合い、後に楽曲提供を受けた。

ミュージシャンのMIYAVIとは、『Soundtrack』で共演したSUGIZOがきっかけで親交を深め、互いのTwitterでやり取りすることがある。

lego big morlの「Ray」をカバーしたことがきっかけで親交を深める。

吉川ひなのがいいとものテレフォンショッキングに出演した際に花を送っている。また、柴咲の誕生日も祝うほどの仲である。

吉高由里子は『ガリレオ』で共演する以前から親交があり“友達”である。互いに「由里子」、「コウちゃん」と呼んでいる。

Perfumeのあ〜ちゃんはアミューズ所属の共通の友人が居ることから交友を深める。あ〜ちゃんがパーソナリティーを務めるラジオに柴咲がゲスト出演した際にあ~ちゃんが柴咲宅へ訪れた時のエピソードが話されている。

大宮エリーとは二人旅に出かけるほどの友人。柴咲は大宮が執筆した「猫のマルモ」の帯にコメントを提供している。

ウィキペディアより転載

 

絶対に人見知りは嘘ですね。どのあたりが人見知りなんでしょうか?一応、福山雅治さんも証言していますので、いきなり仲良くなるタイプではないですが

 

絶対に人見知りではないですよね?

 

柴咲コウさんは料理が好きでネコも好き。それだけで性格が良いのは断言できますよね?

 

スポンサードリンク

柴咲コウは作詞もする歌手としての実力

柴咲コウさんは歌手デビューを2002年にしております。元々はラジオ番組でに企画が発端での歌手デビューでした。

 

2003年の映画「黄泉がえり」の主題歌「月のしずく」で100万枚のミリオンヒットとなります。

 

その後もヒットを飛ばしファンの中には

 

「歌手デビューが先で後から女優として活動した」

 

と勘違いする程の一流の歌姫となります。ほとんどの曲を柴咲コウさん自らが作詞をしているのですが、ドラマの主題歌を作る時には原作の内容に合わせて作詞されており、歌唱力だけでなく歌詞の内容も高い評価を受けています。

 

その歌に徳永英明さんに「この曲が大好きだ」と言わせる程で、実力で一流のアーティストをうならせています。

 

ちなみに柴咲コウさんはシングルを29枚。配信限定シングルを7つ。オリジナルアルバム6枚。Galaxias!の名義で7枚。合計49枚リリースしています。

 

ミュージックビデオ1枚とライブビデオ7枚も出しています。

 

これは確かに歌手が本業と勘違いしても不思議ではない活動ないよですね。

 

今回は柴咲コウさんの性格と歌手にスポットを当てました。

 

次の記事では柴咲コウさんの彼氏と結婚の話題についてお伝えします。

柴咲コウ

関連記事

柴咲コウを知りたい!身長や本名に高校、さらには出演したドラマや映画・CMまで魅力の全てをお伝えします。

柴咲コウの結婚しない理由が判明!!恋多き女の彼氏遍歴を大公開!!


スポンサードリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

この記事はどうでしたか?少しでも面白いと思っていただけたらシェアして頂けると嬉しいです。

 

今後の励みになりますのでよろしくお願いします。
follow us in feedly

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ