高畑充希の歌声にコブクロが惚れた!!プロデュースされた歌の魅力と歌手としての実力は?

高畑充希さんが歌手デビューしていたってご存知でしたか?しかも、アイドル女優の歌手デビューではなく、なんとコブクロの小渕健太郎さんがその歌声に惚れこんでプロデュースしているのです!!

 

その高畑充希さんの歌の魅力と実力に迫ります。

 

スポンサードリンク

高畑充希とコブクロの出会い

高畑充希さんとコブクロの小渕健太郎さんがであったのは2007年の事。当時15歳で高校生になる前でした。

 

女優として活動をしている時に高畑充希さんのデモテープを聴いたコブクロの小渕健太郎さんがその歌声に惚れこみプロデュースを名乗り出たのです。

 

同じ年の2007年6月に小渕健太郎さんのプロデュースによりシングルデビューを果たします。

 

 

「大切なもの」は高畑充希さん自身が出演する映画「ドルフィンブルーフジ もういちど宙へ」の主題歌になっています。

 

更にもう一つの収録曲「ひとつだけ」はドラマ「セクシーボイスアンドロボ」の主題歌に採用されています。

 

いい歌ですよね!でも小渕健太郎さんが惚れこんでプロデュースを名乗り出たわりにはこのシングル1枚だけなんですよ

ね。

 

女優の仕事がメインでこのままプロデュースをするのは困難と判断したのでしょうか?

 

スポンサードリンク

高畑充希の歌は他の歌手をも魅了する!!

 

高畑充希さんとコブクロの小渕健太郎さんとのプロデュースは切れましたが、やはり高畑充希さんの歌声は魅力的なのでしょう。別の歌手がプロデュースをしました。

 

翌年の2008年にシンガーソングライターの川嶋あいさんのプロデュースでアニメ映画「スイスと未来泥棒」のイメージ曲「瞳をひらいて」を歌います。

 

そして同じ年に竹内まりやが作曲・作詞をした「夏のモンタージュ」をリリースしています。この歌もドラマ「ナツコイ」の主題歌になっています。

 

更には川口恭吾や矢井田瞳らの楽曲提供を受けてファーストアルバム「COLOR]をリリースしております。

 

いずれもプロデュースや楽曲提供は1回限りではありますが何らかの魅力があるのでしょう。でないと多くの歌手が楽曲提供やプロデュースをしてくれるはずが無いですからね。

 

スポンサードリンク

 

高畑充希の魅力はCMウメッシュでも

 

高畑充希さんの魅力を感じる人は歌手だけでは無いようです。NHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」でも歌声を披露しております。

 

そして、その歌の上手さはCMでも披露されています。

 

このウメッシュのCMは高畑充希さんにとって初めてのCMだったのですごく緊張したそうです。

 

初めてのCMでNG連発で時間がかかったのでは・・・と思いきやそんな事はなかったそうです。

 

それどころか撮影はトントン拍子で進みスケジュールはかなり前倒しとなり撮影を終了したのです。

 

これは高畑充希さんの歌が上手いのはモチロンですが監督の要求に素早く応えられる芝居勘が良いからではないでしょうか?しかも大先輩とため口をきく図太い神経の高畑充希さん。撮影スタッフと雑談して場を和ませていたのです!

 

緊張したというのは本当ですか?

 

スポンサードリンク

高畑充希の歌が上手い理由とは?

 

高畑充希さんの歌が上手いのは、ちゃんと理由があるのです。

 

高畑充希さんは元々お母さんのミュージカル好きの影響で芸能界を目指しました。ミュージカルと言えば当然、歌は歌えないとダメですよね?実は芸能界入りをする前にも歌の練習をしていたのです。

 

それも練習とは「カラオケによく行った」とかでは無く、コーラスを習いさらにはクラシック音楽の先生に声楽も習っていたのです。その実力は中学校時代にすでに発揮されていました。

 

中学校時代に軽音楽部に所属しボーカルを担当していたのですが、軽音楽部の全国大会ともいえる「スニーカーエイジ」のグランプリ大会にも出場していたのです。

 

その実力には元宝塚歌劇団月組トップ娘役の黒木瞳さんが

 

「歌声の力強さ、清らかさが素晴らしくて度肝を抜かれました。その潜在力の高さはまさにミュージカル界を背負っていかれる逸材」

 

と大絶賛されています。このコメントで見ると高畑充希さんの歌の上手さは歌謡曲向きでなくて舞台向きなんだろうなぁと思います。

 

だからコブクロの小渕健太郎さん等がプロデュースをしても方向性が違うのに気づき1度限りのプロデュースだったのではないでしょうか?

高畑充希(タカハタミツキ) | ホリプロオフィシャルサイト

関連記事

【最新】モデルの様な素肌に!!最新スキンケアランキング【楽天】

スポンサードリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます。

この記事はどうでしたか?少しでも面白いと思っていただけたらシェアして頂けると嬉しいです。

今後の励みになりますのでよろしくお願いします。
follow us in feedly

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ