芳根京子の演技は上手い?下手?花子とアン・いつ恋・ラストシンデレラで検証してみた!!

着々と女優の階段を上がっている芳根京子さん。

その透明感あふれる笑顔とかわいらしさで人気ですが、芳根京子さんの女優としての演技力はどうなのでしょうか?

どうやら、すごく演技がうまい!という声と、見てられない、下手!という両極端な評価があるようです。

 

芳根京子の演技の画像

 

どうしてこんなに極端な評価なのか?

実際に演技は上手いのか、下手なのか?

芳根京子さんの代表的な出演作品、『花子とアン』、『いつ恋』、『ラストシンデレラ』で検証してみました!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

『花子とアン』での芳根京子

花子とアンで芳根京子さんが演じていた役ですが、仲間由紀恵さんが演じていた花子の親友・蓮子の娘役、富士子でした。

 

芳根京子の演技花子とアンの画像

 

目立たない役とは言え、難しい役柄で、もちろんオーディションを受けてこの役を勝ち取っています。

そこは、さすがにNHKの朝ドラですから、大根役者はお呼びじゃないでしょう。

この時の評価は、可もなく不可もなく・・・。

特に目立った評価も悪評もありませんね。

 

そして、その2年後に、同じくNHK朝ドラの「べっぴんさん」にヒロイン出演。

ここでの芳根京子さんに関する評価が、きっぱりと別れてしまうところです。

これは、NHK朝ドラヒロインについては、昔からよくある話です。

NHK朝ドラは長丁場ですから、最初から良い評価をもらうことの方が少なく、ドラマの後半に向かって徐々に演技がうまくなるという流れ・・・。

私は、勝手にNHKはそういう流れがお好きなのだと思っています。

要するに、NHKの朝ドラを通して育てた!的な?

さらに、たった15分とは言え、毎朝見ていると視聴者がヒロインの個性に慣れ、だんだんストーリーの中で感情移入もしてくるので、演技がうまくなったと感じやすいのです。

 

最近では、朝ドラの脇役に出た女優さんが、数年後に主演に抜擢されるという流れがチラホラ。

高畑充希さんも、その一人ですね。

いかにもNHKが女優を育ててます!的なストーリーです。

 

スポンサードリンク

『いつ恋』での芳根京子

『いつ恋』こと、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』という、長いタイトルの月9ドラマ。

こちらでの芳根京子さんの役柄は、田舎から東京に出てきた少女、明日香役。

主演の有村架純さんに影響を与える重要な役柄でした。

 

芳根京子の演技といつ恋の画像

 

『いつ恋』のプロデューサーである村瀬健さんは、この明日香役の配役が難しかったと語っています。

最初の回から、コテコテの田舎弁を話す演技や、セリフがなくて表情でする演技が多く、可愛さだけでやり切れる役柄ではありませんでした。

村瀬健さんは、「“強さとかれんさ”、“明るさとけなげさ”という両極端な二面を感じさせる」という理由で芳根京子さんを選んだとか・・・。

 

確かに、芳根京子さんは、人懐っこい笑顔の少女である反面、凛として芯の強さを感じさせる演技を見せてくれたりと、多面的な魅力のある女優さんだと思います。

 

難しい役柄ですが、芳根京子さにとっては、はまり役だったのではないでしょうか?

彼女の良さが際立つ配役です。

 

スポンサードリンク

『ラストシンデレラ』での芳根京子

最後に、芳根京子さんのデビュー作となった『ラストシンデレラ』です。

このドラマの主演は、芳根京子さんと同じ事務所所属の篠原涼子さん。

芳根京子さんは、以前から篠原涼子さんが好きで、彼女にとって憧れの先輩女優さんでした。

 

芳根京子の演技とラストシンデレラの画像

 

配役は、篠原涼子さんの親友役を演じる大塚寧々さんの長女・武内咲。

出演カットは少なかったので、記憶がない人も多いのではないでしょうか。

 

この時の芳根京子さんは、まだ16歳。

まだ新人女優さんでしたし、出演カットも少ないので、演技が上手いかどうかを映像から判断するのは難しいとは思いますが、この役もオーディションで勝ち取った役柄!

芳根京子さんは、オーディション荒しと呼ばれたくらい、あらゆる役をオーディションで勝ち抜いています。

演技が下手だと、オーディションでいくつも合格するのは無理かと・・・。

芳根京子さんは、数々の相当な競争率のオーディションで勝ち抜いています。

 

正直、演技が上手か下手か?なんて、テレビドラマの中では甲乙もつけがたく、演出や監督の腕次第じゃないでしょうか?

  

スポンサードリンク

芳根京子の演技力についてのまとめ 

ということで、芳根京子さんの演技力は上手いのか下手なのか?

結論は、上手いとしか言いようがないですね。

 

芳根京子さんの特徴としては、見た目のソフトさとは裏腹に、芯の強い内面を持っているので、外見と内面のギャップが大きいです。

こういう女優さんは、はまり役にはとてつもなく能力を発揮させるのですが、配役を間違うとイマイチな結果になってしまうので、役柄の選択が重要ですね。

 

例えば、↓のような婦人警官役は、彼女の幼い顔立ちではコスプレみたいで違和感があります。

芳根京子の演技とコスプレの画像

 

また、まだ若くて柔軟性もあり、素直な部分もあるので、監督や演出家がどのような演技指導やリクエストをするかによって、芳根京子さんが視聴者からどのように見えるかも大きく作用してきます。

そして、まだまだ若い女優さんですから、これからさらに経験を積んで、大物女優を目指していただきたいものです。

 

関連記事

芳根京子の年齢と高校を公開!!都立深沢高校と都立富士高校どちらだ!?

芳根京子が難病をブログで告白!!ギランバレーの後遺症でわきと脚に異変が!?

 


スポンサードリンク

最後まで読んで頂きありがとうございます。 この記事はどうでしたか?少しでも面白いと思っていただけたらシェアして頂けると嬉しいです。 今後の励みになりますのでよろしくお願いします。

Pocket

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ